うさぎの赤ちゃんに気をつけてほしいこと

ライオンロップBaby H30/2/10誕生

生後4日目の仔ウサギは、からだは産毛が少しはえてきて毛色や模様が確認できます。耳は、短く垂れていません。

この頃の、うさぎの赤ちゃんは、ねずみぐらいの大きさで体長5・6センチぐらいです。

うさぎの子育て中は、親うさぎが神経質になっています。絶対にのぞいたり触ったりしないでください。

うさぎの赤ちゃんの目が開いて出てくるまで、そっとしておいてあげてください。

うさぎの赤ちゃんが、巣箱から出てしまっていたら。必ず人間の匂いがつかないように手袋をつけて、優しく下からすくって巣箱に戻してあげてください。この頃に人間の匂いがつくと親うさぎが子育てしなくなります。

この頃の、親うさぎは1日1回か2回の授乳をします。仔ウサギは巣箱の中で1日中寝てすごしています。

安心して子育てできる静かな環境をつくることが大事です。

うさぎの赤ちゃんについて気をつけることは!

うさぎの赤ちゃんは、体温調節ができないので、特に寒い時期は暖房器具などを使用して温度に気をつけてあげてください。

うさぎのお腹はとても柔らかいそうです。むやみやたらにお腹をもんだりすると腸がつぶれることがあると獣医さんから聞いたことがあります。猫や犬と違いとても弱いので病院でも少し触診するぐらいみたいです。気持ちいいので触りたくなりますが気をつけてあげてください。

仔ウサギに、人間の匂いをつけないことです。


因みに、ライオンロップの母うさぎは、私との信頼関係から仔ウサギ達を見せてくれます。

今後も、仔ウサギ達の成長と注意する事などお知らせしていきます。


フェネック販売Little Fairy

フェネックベビー予約受付中 詳細はお問合せください 仔ウサギ販売(予約受付中) ・ネザーランド ・ライオンヘッド ・ライオンロップ 動物取扱業許可 ・京都府第070041-1号

0コメント

  • 1000 / 1000